ファクタリング とは

ファックタリングとは

ファクタリング,とは.おすすめ,会社,売掛金,活用,資金調達,借り入れ

 

 

ファクタリングとは?

 

その企業が現在、
持っている取引先への売掛金及び売掛債権を
ファクタリング会社が買い取るサービスです。
商品やサービスの納品・提供後の
支払がまだ未入金の状態が
売掛けとなります。
現金での支払いならそのまま売掛金となり手形での決済なら
受取手形・売掛債権(売上債権)となります。

ファクタリング,とは.おすすめ,会社,売掛金,活用,資金調達,借り入れ

これらをファクタリング会社へ売却します。
本来回収する企業に代わってファクタリング会社が
債権の回収業務を請け負うという形となります。

 

この一旦ファクタリングした売上債権
がその後、決済期日を迎える際
倒産・支払不能に陥った場合
依頼企業とファクタリング会社の

 

どちら側が負担することになるのかで

 

依頼企業負担⇒【償還請求権のあるファクタリング】

 

ファクタリング会社が負担⇒【償還請求権のないファクタリング】

 

にわかれます。

 

多くは【償還請求権のあるファクタリング】のケースが多く一般的です。

 

 

ファクタリングの手数料・割引料を払ってでも
資金調達が必要な場合、早い段階で現金にて
資金調達となるし、借入金ではないので、担保の必要もなく
決算上も有利なことなどから利用されています。

ファクタリングとは【メリット】

ファクタリングとは

 

ファクタリング【メリット】とは

 

簡単、短期間で資金調達出来る。

大規模な設備投資などは別ですが
資金がショートしてる、資金繰りでの調達を考えている場合は
早期、短期間で現金が欲しいものです。

 

銀行などの融資では審査に時間がかかりますし
担保や経営状態などの「通らない」リスクが軽減されます。
あくまでもファクタリングは融資では内ということです。

 

回収不可能リスク軽減

償還請求権なしの債権譲渡でファクタリングを結べば
売掛先が倒産・回収不可能などのリスクを回避できます。
また、貸借対照表でも負債にはなりません。

 

通常融資が不可能でもOK

ファクタリング会社によっては
法人の売掛金さえあれば
依頼する会社の業績が赤字続きでも
金融機関では融資出来ない
借入ブラックな企業でもファクタリングOKとなります。
決算書の内容でも融資ではないので
メリットとなります。 

ファクタリングとは【デメリット】

ファクタリングとは

 

ファクタリング【デメリット】とは

 

もちろん、ファクタリングも良いところばかりではありません。

 

手数料が高い

 

ファクタリング最大のデメリットはその手数料が高いことです。
2社の間でファクタリング契約で
売掛金額の10%〜40%(査定・条件による)

 

3社の間でファクタリング契約で
売掛金額の5%前後(査定・条件による)

 

3社間のファクタリング

3社間に及ぶファクタリングの場合は
その相手企業、取引先会社の承諾が必要で
この承諾が難航するケースがあります。
また、信用も落としかねないので
今後の取引に影響が出ることがあります。

 

 

信頼できるファクタリング会社だけを紹介
ファクタリングおすすめ会社