ファクタリング 償還請求権

ファクタリング 償還請求権

ファクタリング, 償還請求権,償還請求権有,償還請求権無し

 

ファクタリング償還請求権

 

ファクタリングでは大きく二つに分かれます

 

ファクタリングした売上債権がその後、決済期日を迎えるまでに
倒産・支払不能に陥った場合依頼企業とファクタリング
会社のどちら側が負担することになるのかで
大きく条件、手数料が変わります。

 

依頼企業負担⇒【償還請求権のあるファクタリング】

 

金融機関・クレジット会社(ノンバンク)等がおもに行うファクタリング条件
保証人や担保設定が必要になってきます。

 

ファクタリング会社が負担⇒【償還請求権のないファクタリング】
売掛金先がもしも倒産、支払不能でも依頼者には責任は無くなり
ファクタリング会社側の負担となります。
これはリスク軽減出来るメリットがあります。

 

ですから、このファクタリングを「危なそうな」取引先の保険と考える
経営者もいるようです。

 

ですが、この場合の手数料はかなりj高額となります。

 

ファクタリング会社との契約、条件ではここが肝心になります。

 

資金調達の期日

 

リスク

 

手数料

 

を鑑みて結論を出す必要があります。

 

見積もりというのは簡単にしかもすぐに出してくれるので、

 

見積もりを取って検討されるのが良いでしょう。

 

ファクタリング, 償還請求権,償還請求権有,償還請求権無し

 

 

信頼できるファクタリング会社だけを紹介
ファクタリングおすすめ会社